2008年06月12日

風待便り〜THE PENINSULA TOKYO〜

ザ・ペニンシュラ香港は九龍半島の尖沙咀という絶好のロケーションにあって『東洋の貴婦人』と呼ばれている。
香港・マカオ旅行から帰ってきたS氏からお土産話を聞かされているうちに、ヴィクトリアハーバーの夜景を観に行きたくてたまらなくなってしまった。
de95a783.jpg
かなり前のドラマだけど石田ゆり子さん主演で柴門ふみさん原作の
『九龍で会いましょう』の舞台になった美しい夜景が印象深かった。
今日差し入れに頂いたペニンシュラ東京のサブレは、サックリとした濃厚なココアの風味がとっても美味しゅうございました。
ここ数年のマイブームは東南アジアなのだけど、一体いつになったらのんびりバカンス気分が味わえるのかしらん(>_<)



posted by ryouko at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。