2016年02月28日

風待便り〜昼間から酒盛り〜

今日も穏やかなお天気で暖かかったし、東京マラソンで人通りも
多かったような。
夜しか行ったことのない墨之栄さんで初めてランチをいただくことに。
一時を過ぎていたからお席も空いてて、せっかくなんで軽くぬる燗で
一杯やろうかって。
002.JPG
土日限定の鮭ハラス原始焼き&お造り三点は、食べ応えがあって
大満足なのであった。
001.JPG
世界卓球は石川佳純ちゃんが頑張ってくれて、明日の北朝鮮戦に
大いに期待しようではないか!!


posted by ryouko at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

風待便り〜湯島天神さんの眠り猫〜

朝からスッキリ晴れて暖かかったので、梅まつりで賑わっている
湯島天神さんまでお出かけすることに。
風情ある枝垂れは美しく咲き綻んで、青い空に映える白梅を見上げ
ながらゆっくり鑑賞。
004.JPG
006.JPG
ステージでは華やかなフラダンスショー(かなりの年配)で盛り上がってたな↑↑
003.JPG
珍しい薩摩琵琶の演奏を聴いたり(平家物語の那須与一)一人でも
楽しめたわん♪♪
008.JPG
器用に看板の上でうずくまる猫ちゃんを見つけて、あまりにも可愛くて思わずシャッターを切る。
009.JPG
鳴き声も立てずうたた寝をしているようなポーズに、花見客は心を
奪われすっかり癒されたようである。
posted by ryouko at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

風待便り〜夜の散歩と白ワイン〜

コレドが出来て日本橋は活気づいたけれど、さすがに夜になると
人通りは少なくて寂しい。
決してモラルの悪い若者に侵されることもなく、いろんな意味において安全なオフィス街なのかも(^0^)
暖房の効いた友人の事務所にいると眠気がして、ひんやりした風に
吹かれてみたくなった。
とはいえ長時間お散歩をするには寒すぎるし、冷えた体を温めようぜと一杯引っかけることに。
千疋屋があるランドマーク三井タワーの地下は、ちょうどいい広さのフードスペースになっている。
なんとなくビールよりスッキリ冷えた白ワインが飲みたい気分だわん♪
DSCN2077.JPG
すっかりお馴染みの「THE BEAT DINER」で、カジュアルにアメリカングリルを味わおう。
揚げたてサクサクのフィッシュ・アンド・チップス、スパイシーなフライドチキンが旨すぎるぅ。
002.JPG
今夜はいよいよ佳境に入ってきたドラマ「ナオミとカナコ」を観なくっちゃ!!

posted by ryouko at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

風待便り〜春よ来い、早く来い〜

上野のTSUTAYAに行ったついでに、松坂屋のデパ地下をぶらぶら
覗いてみることに。
なんとラスクが大人気の「ガトーフェスタハラダ」や、新宿高野まで
出店しているではないか!!
老舗にこだわり定番志向の三越では手に入らない、スイーツ好きの
心を掴む魅惑のラインナップである。
さっそくフルーツたっぷりケーキを買って、ウキウキ気分で地下鉄に乗って帰ったわん♪
001.JPG
嬉しい差入れは「たねや」さんの和菓子で、早い春を呼ぶさくら饅頭と
ヨモギが香る草餅。
004.JPG
ひょっとして今夜は雪になるかもしれないから、炬燵で暖まりながら
おとなしく過ごそうっと(^0^)
posted by ryouko at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

風待便り〜今日は猫の日〜

娘が飼っていた夏姫という猫ちゃんは、黒白の柄行が可愛いくって
とっても賢い(らしい)
臆病なくせに気まぐれで甘えたがり、いかにも聞かなそうな強い瞳が
たまらないのだという。 
彼女も12歳と老猫になってしまったけれど、小さな貴婦人のような
佇まいは今でも変わらない。
o0480064012379357162.jpg
「Ode to Picasso 2005」というワインのラベルに描かれたピカソと
いう名前の猫が、ナツにそっくりで(ホクロ柄まであって)驚いたん
ですって!!
いつの間にか時代の流れは変わって、世の中は猫派が増えている
らしい。  

posted by ryouko at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

風待便り〜ランチはヴェトナム料理〜

久しぶりに神田「メコン」にて、ヘルシーなヴェトナム料理をいただく
ことに。
鶏肉が入ったあっさりスープのフォーと、大好きな生春巻きのセットをオーダーする。
003.JPG
独特の香りがクセになるパクチーが効いてて、まさに疲れた胃袋に
じんわり沁み渡っていく感じ。
毎日こういう低カロリーな食事を続ければ、もしかしたら健康的に
痩せられるかも知れない。
反省を込めてそう思いつつも、コンデンスミルクたっぷりのコーヒーを飲んでしまった。
posted by ryouko at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

風待便り〜銀座でデート〜

金曜の夕方に銀座で待ち合わせっていうと、なんとなくドキドキして
オトナのデートっぽいよね。
住み慣れた日本橋とは違う洗練された佇まいが、気分を高揚させて
くれるじゃない!?
昨晩はコートがいらないくらい暖かかったから、四丁目辺りをちょっと銀ブラしたりして♪♪
「鳥ぎん」さんは相変わらず混んでたけど、なんとか待たずにお席に
着けてラッキー。
005.JPG
秘伝のタレが絶妙な焼き鳥盛り合わせ、大好物の合鴨ネギと手羽先は塩でいただく。
002.JPG
たまには豪勢にアワビが入った釜めしを味わって、一週間の疲れもすっかり吹き飛んだのだった。
004.JPG
posted by ryouko at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

風待便り〜酒飲みの言い訳〜

久しぶりにコレドの「墨之栄」さんにて、食いしん坊の友人に誘われ
酒盛りを楽しむことに。
まずは景気づけに熱燗(八海山)で乾杯して、早い春の訪れを告げる
菜の花のおひたしを。
002.JPG
旬のお刺身は出世魚ワラサと真鯛、生蛸に鮪の赤身とどれも産直で活きが良い。
003.JPG
気になる広島レモンサワーとやらを注文して、九条ねぎたっぷりの
ふっくら出汁巻玉子も旨い。
005.JPG
004.JPG
シメは焼き鯖の押し寿司をいただきながら、抱腹絶倒のお喋りに
花が咲いた夜であった。
006.JPG
posted by ryouko at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

風待便り〜虎屋の生菓子〜

三時のおやつは差入れの可愛いらしい虎屋さんの生菓子。
なにせ羊羹しか食べたことないもんで、すごおく期待した割には平凡な味だったかも(失礼!!)
001.JPG
和菓子といえばTVの情熱大陸で知った、小石川「一幸庵」のわらび餅が気になって仕方ない。
読書家でロマンティストな職人気質の店主が、精魂を込めて作り出す逸品をご賞味したいものだ。
posted by ryouko at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

風待便り〜夢の少年ヒガシ〜

昨日とは打って変わった寒さと温度差に、オバサンはついていけ
そうもない。
思ってた通りに喫茶も暇だったし、手作りの蜂蜜たっぷり柚子茶で
体をほっこり温める。
香りを楽しめる柑橘系の入浴剤なんかも、冬に欠かせない冷え対策のアイテムといえよう。
41TMqHzBcgL__SX341_BO1,204,203,200_.jpg
文庫化されてようやくアマゾンで取り寄せた東山紀之さんの自伝的
エッセー「カワサキ・キッド」を一気に読み終えた。
生活は貧しく複雑だった家庭環境の中で、彼が少年時代を過ごした
川崎・桜本は生活臭が漂う混沌とした町だった。
運命を変えた芸能事務所の社長との出会い、知られざるデビュー
当時の秘話やアイドルがゆえの葛藤と苦悩。
クールでストイックなイメージのヒガシが語るルーツは、胸が苦しく
なるような切ないエピソードに溢れているのだ。
閉館となってしまった青山円形劇場まで、少年隊のミュージカル「PLAYZONE」を観に行ったっけ♪♪
舞台の上で亡き大女優の森光子さんが、少女のように頬を赤らめて見つめていたヒガシは、私にとっても永遠の夢の少年なのである。

posted by ryouko at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

風待便り〜バレンタインスイーツ〜

春一番を思わせる突風が吹き荒れて、雨が降ったり止んだり夏日の
ようなお天気だった。
夜更かしをしてゆっくり目覚めた午後は、千疋屋さんで遅めのランチをいただくことに。
アボカドがトッピングされた甘いフルーツカレーとフルーツポンチ。
002.JPG
カラフルなバレンタインプレートは、ハート型のイチゴがキュートで
シューの中はソフトクリーム。
001.JPG
美味しいカフェラテを飲みながら、ゆったりとした時間を過ごせて
楽しかった♪♪
003.JPG
明日はまた寒さが戻ってくるらしいので、体調管理にくれぐれも
気をつけなくっちゃ(^0^)
posted by ryouko at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

風待便り〜究極のアジフライ?〜

ずうっと気になっていた京橋にある「松輪」のランチを食べる。
土曜日でも行列が絶えないのだけど、そんなに待たずに入れそう
だったから。
三崎漁港直送の新鮮な鯵が都内で食せる喜びに、期待は膨らむ
ばかりである。
衣はやや薄めでサックリ揚がっており、お薦めの大根おろしと
お醤油でいただく。
白身魚のようなあっさり上品な味つけは、正直言えば淡泊過ぎて
多少の物足りなさを感じる。
001.JPG
揚げ物は好みがハッキリ分かれるものだし、辛口評価になってしまうかも知れないけどさぁ(^0^)
かなり以前に房総の国道沿いの食堂で味わった、ウスターソースを
たっぷりかけたアジフライの旨さが忘れられない。
posted by ryouko at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

風待便り〜サスペンスドラマにはまる〜

フジテレビの木10ドラマ「ナオミとカナコ」が面白くて、怖さにすっかり
はまってしまった。
原作は奥田英朗氏のミステリー小説で、ストーリー展開がスリリング
すぎて毎回ドキドキが止まらない。
8259.jpg
広末涼子さんと内田有紀さんの初共演も見応えあるし、なんたって
中国人の実業家になりきった高畑淳子さんが巧すぎて圧巻なのだ。
この上ない素晴らしいキャスト陣が織りなす本作は、間違いなく
今クール最高のドラマだと言えよう。
絶妙なタイミングで流れてくる主題歌が、ATSUSHIとAIのデュエット(泣ける)というのも素敵だよね。

「わたしたちは親友で、共犯者」
posted by ryouko at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

風待便り〜ラスベガスのお土産〜

夕方になって喫茶にアメリカ在住の実業家がご来店下さった。
単身でラスベガスに住んでいらして、たまに日本に帰られるんだとか。
ベガスといえばカジノがあまりにも有名だが、ビジネスチャンスに溢れた街であると仰っていたっけ。
ちょうどぜんざいを作ったので振る舞ったら、甘党らしく思いのほか
喜んでくれた。
「こういうおもてなしが嬉しいんだよね」
ご機嫌なご様子で帰り際に名刺交換をしたんだけど、カルフォルニア産の殻つきアーモンドをいただいた。
001.JPG
「お気遣いありがとうございます」
思いがけない嬉しいプレゼント…海老で鯛を釣るとはこういうことなのかもね。
posted by ryouko at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

風待便り〜リップヴァンウィンクルの花嫁〜

装丁の美しさやタイトルに惹かれて、読んでみたくなるハードカバーがある。
もちろん著者にも興味や魅力がなければ、ページを永遠に開いたりはしないだろうけどね。
岩井俊二監督の映像作品は音楽も素敵で大好きだし、主演女優が
個性的で美人過ぎないところがいい。
この作品は三月に映画化されるとかで、しかも黒木 華さんがヒロインを演じるそうである。
615wCqDAxZL__SX338_BO1,204,203,200_.jpg
寒い寒いと言いながらも立春を過ぎて、早咲きのオカメ桜が蕾を膨らませている。
湯島天神さんの梅の花も咲き始めたようだし、一日も早い春の訪れが待ち遠しいものだ。


posted by ryouko at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

風待便り〜夢のようなイタリアン〜

天気予報が外れてお天気に恵まれたので、朝から高速を飛ばして
木更津の親戚宅へと向かう。
広いお庭には蜜柑の木が三種類(甘夏柑と八朔と伊予柑)もあって
たわわに生っているではないか!!
温かい日差しを浴びながら果樹園にいるような気分で、収穫させて
いただくことが出来てHAPPY♪♪
002.JPG
ランチは君津にある「ヴォーノ・イタリア」で、嬉しい焼きたてピッツァとパスタの食べ放題。
TVで知ってずうっと行きたかったお店だったし、さすがにテンションも上がるというもの↑↑
007.JPG
気になるお味は期待以上のグレードで、量も丁度良くていろんな
メニューが楽しめて最高。
006.JPG
そんでもって極めつけのサービスといえるのが、ハーゲンダッツアイスまで食べ放題なのだ。
011.JPG
ありそうでなかった夢のようなプランに、スイーツ好きのハートは鷲掴みにされちゃった。
posted by ryouko at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

風待便り〜申年の干支楊枝〜

今年も友人から「日本橋さるや」さんの干支楊枝をいただいた。
ユニークで愛嬌たっぷりのお猿さんのイラストがなんとも微笑みを
誘うよね。
001.JPG
posted by ryouko at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

風待便り〜しばれる二月〜

久しぶりに人形町の「磯丸水産」にて、海鮮網焼きで一杯やろうかってことに。
寒いせいかいつもより空いていたけど、カウンターで飲むのがすっかり定番になったみたい。
002.JPG
薬缶で温めた熱燗をしこたま飲んだ後は、脂の乗った真鯖の塩焼きでご飯をいただく。
003.JPG
気の置けない友人とほろ酔い気分でお喋りしながら、楽しい時間はあっという間に過ぎて行った。
posted by ryouko at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

風待便り〜366日〜

2月29日生まれの小学校の同級生がいた。
放課後の図書室で中原中也の詩集を読んでいたら、耳元でこっそり
教えてくれたのだけど。
その男の子は早生まれのせいか背が小さくて、それでもかけっこ
だけはクラスで一番速かった。
私には友達というのがいなかったから、どうして秘密を話してくれた
のか今でも不思議で仕方がない。
あと珍しい二卵性の双子もいて、よく三人で冒険ごっこをしたっけな。
おんなじ顔をした兄妹に興味を惹かれ、一緒にリボンの騎士同盟を作ったりもした。
もちろんサファイアは私に決まってて、手作りの赤いマントを翻しながら王女の微笑みを浮かべるのだ。
かといって彼等が友達だとは思えなかったし、子供ながらに笑われてしまいそうだが、決して孤立ではなくて孤高な人間なのだと、生意気な少女は勝手に自負していたのである。
posted by ryouko at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。